1日たったの5分でOK!

副交感神経の活性化にも効く指ツボ!同じ場所でも指によって効果が違う「井穴」マッサージとは

身体には様々なツボがありますが、ツボの位置が見つけにくかったり、自分では押しづらい位置にあるということもありますよね。

今回は場所を間違えず、簡単に刺激できるツボ押し方法をご紹介したいと思います。

呼吸器から循環器、消化器まで!1日5分で効果アリ

手の爪の生え際には、副交感神経の活動を活発にしてくれるツボが存在します。爪の生え際の両端にある井穴(せいけつ)と呼ばれるツボです。
※副交感神経というのはリラックス状態のときに優位になる神経のこと。逆に、活動しているときは交感神経が優位になっています。

井穴は、逆の手の親指と人差し指を使って、指の側面を両側から押すようにゆっくりと、徐々に力を入れてマッサージしましょう。

尚、同じ井穴でも、それぞれの指によって違う効果があります。

親指は「呼吸器系」への効果


https://www.photo-ac.com/

風邪予防や鼻炎、アレルギーの緩和、喘息といった呼吸器系への効果が期待できます。
肌荒れの改善や、意外なところでは円形脱毛症にも良いと言われています。

人差し指は「消化器系」への効果


https://www.photo-ac.com/

消化器系に効果があると言われていて、胃が弱っているときや便秘、下痢の解消にも効果が期待できます。
身体や心の緊張をほぐすときにも効果的なので、心を落ち着かせたいときに刺激すると良いでしょう。

中指は「精神系」への効果


https://www.photo-ac.com/

精神系に効果があると言われています。不眠を緩和したり、不安感を取り除きたいときなどに効果が期待できます。
耳鳴りにも有効で、ストレス耐性を高めたいときのにマッサージするのもおすすめ。

薬指は「血圧系」への効果


https://www.photo-ac.com/

血圧の状態を正常に戻すといった、血圧系への効果が期待できます。
軽度なうつの改善、三半規管への働きかけによるめまいの緩和にも役立つでしょう。

小指は「循環器系」への効果


https://www.photo-ac.com/

循環器系に効果があると言われていて、動悸や頭痛、血管のつまりにも効果が期待できます。
生理痛や更年期障害にも良いと言われています。

また、手のツボを揉むと末端の毛細血管が拡張するので、特に上半身の血流が改善されます。各指10秒ずつ、1日2~3回を目安に行いましょう。
手のツボであれば簡単に刺激することができるので、身体の不調を感じたときにはぜひマッサージしてみてください。

PERLU Facebook page
この記事が気に入ったら「いいね!」をして
最新情報をGETしよう!
この記事を書いたライター
三橋 静

三橋 静

心療内科や精神科で心理カウンセラー・心理検査士として勤務後、好きな香りから心理状態がわかるスピリットアロマを利用した新しい心理カウンセリングを行うため独立。

投稿者の過去記事
おすすめのキーワード

Related Article

  1. スプーン1杯で効果あり♡

    塗るダイエット!食事よりも運動よりも「ノンFエキスパート」で究極の美ボディを

  2. 大ベストセラーリップに秋COLOR

    クレヨンリップで作るトレンドフェイス♡人気のREVLONに発色の良い新色2色が登場

  3. 白髪は治せるもの!?

    抜かない染めない白髪ケア!白髪を見つけたらすぐに対処すべき4つのポイント

  4. マスクの世代交代か!

    「たべるマスク」が主流になる?シールド乳酸菌の効果で風邪は予防できるのか

  5. 驚愕!マツエク・付けまつげの負担

    短いまつ毛も今のマスカラで長くできる♡30ヶ国で500万本売れているラッシュエクステンダーとは

Feature

  1. 話題エリアのSHOPをチェック!

    ダガヤサンドウのお洒落カフェ11選!千駄ヶ谷~北参道のお散歩で立ち寄りたいSHOPはここ!

  2. 今人気のお洒落スポット

    ダガヤサンドウがまるわかり!千駄ヶ谷~北参道の素敵なSHOPを巡るダガヤサンポに出かけよう

  3. まるでBARのようなフラワーショップ

    スタイリッシュなボックスフラワー「ラウンドボックス」が誕生!デザイン・表情が360度楽しめる

  4. ハリウッド女優やセレブも支持

    日本初上陸は自由が丘だ!LAで大人気のバーエクササイズCARDIO BARREを体験しよう

  5. 粒によって味が違う!

    熟成も楽しめる優雅なチョコ!VERDIERの貴腐ワインチョコレートは噛んだ瞬間、虜になる

PICK UP

New Article