試して2日目に実感!

ケイ素(シリカ)水と水素水、美肌効果が得られるのはどっち?

ここ最近、「酵素」「水素」「ケイ素」が流行っていますね。
ですが、それぞれ何に良いの?違いは?と聞かれると、ちょっと戸惑ってしまいませんか?

「酵素」「水素」「ケイ素」の違いと効果!

ケイ素水素酵素
出典:http://www.photo-ac.com/

簡単に説明すると健康的にファスティング、ダイエットする方には酵素ドリンクがオススメです。

健康、肌質改善を心掛けるなら水素。ただし、ゆっくり改善されるので毎日摂取する必要があります。
ちなみに、全身から取り入れることで1度で肌が潤い、リラックスできる水素入浴剤もあります。

そして、ケイ素は水素と比べてみると、かなり効果が似ています。
アンチエイジングや生活習慣病対策、その他期待できる効果なども共通点が多いです。

ケイ素スキンケア
出典:http://www.photo-ac.com/

水溶性ケイ素は水素と同様、身体に害となる活性酸素を除去してくれます。それに加えて、身体の組織そのものを構成する部分においても力を発揮します。
体内でケイ素を作ることはできないので、体外から摂取することになりますが、身体を組成する物質としてとても重要です。今ある組織の老化防止というより、組織を作る側の存在になります。

ケイ素はコラーゲンを活性化するということにより、細胞間のつながりを強くするため、血管や内蔵、免疫力まで高めると言われています。
「コラーゲン活性化」というのは魅力的ですよね!
※あくまでも個人的な見解です

どのケイ素を使う?迷ったらコレ

ケイ素水本体

「ケイ素」でも私がオススメするのが、エステプロ・ラボ青山の「KEISO GRAN PRO(ケイソグランプロ)」。
GENKINGさんも愛用しているのですが、これは凄いです。

ケイソグランプロを試して2日後、さっそく肌がきめ細かく潤ったのを実感!
水素の方が流行っているのであまり期待していなかったのですが、効果がはっきり現れ、今では本当に重宝しています。

ちなみに、ケイ素は12~24時間で老廃物と一緒に体外に排出されてしまうので、効果に安心して飲むのを止めるとすぐ元の肌質に戻ってしまいます。綺麗な肌を維持するためにも、飲み続けることが大事です。

ケイ素ってどんな味?

ケイ素水飲み水

ケイソグランプロはコップ1杯(約200ml)の飲料水に対して10~30滴を混ぜて飲みます。

ケイ素水を飲むyukinko本人

10滴だと無味無臭で飲み易いです。
30滴だと少し生臭く飲むのに抵抗がありますが、20~30滴くらいで毎日2リットル以上飲むと、かなり効果が出ることがわかりました!

ページ:
1 2
PERLU Facebook page
この記事が気に入ったら「いいね!」をして
最新情報をGETしよう!
この記事を書いたライター
yukinko

yukinko

これまでに様々なテレビ・雑誌のヘアメイクを担当。
2児の母であり、子育てをしながら自宅にてプライベートサロンも運営しています。

投稿者の過去記事

Related Article

  1. サロンでも大人気のハンドパック

    EORA(エオラ)のハンドパックで指先までワントーン明るく♡乾燥対策におすすめのハンドケア

  2. 無印の次はこのブランドだ!

    注目の新ライフスタイル COLONY2139 のボトルシリーズに愛用者続出!

  3. 薄着の季節に向けて準備は今から!

    毎日お家でできる有酸素運動ダイエット3種類!効率よく快適な室内でゆっくりとシェイプアップ

  4. 刻印もあっという間に!

    あなたはエスティローダー?YSL?婚活リップの効果で幸せを引き寄せちゃおう♡

  5. GUERLAIN夏季限定商品をCHECK!

    ゲラン最高峰の多機能エイジングケア!オーキデ アンペリアルからジェルタイプが登場!

Feature

  1. 日本初上陸のプログラム「THE TRIP™」

    VRサイクリングで脂肪燃焼!渋谷のフィットネススタジオで新感覚ワークアウトを体験しよう

  2. 遂に刻印サービスも!

    これで叶う!ランコムの人気 “生クッションファンデ” でテカリ知らずのツヤ生肌に

  3. 7日間限定で開催!

    東京に極上「神戸牛」ステーキが2900円で上陸!バレンタインに誘いたい “究極の肉の日” イベント

  4. 忙しくても魅力的な女性に

    美肌菌を育てるデパスカルザスパのスキンケア!オイル&ミストで叶う時短美容とは

  5. あのネイキッドが再び!

    FLOWERS by NAKED が日本橋で日本一早い花見を開催!この~立春~は見逃せない!

PICK UP

New Article