ママががんばりすぎないように

おやつからはじめる食育とは?グラノーラも手作りしちゃう「みつはしあやこ」さんの目指すところ

“おやつ”と聞いて、何を思い浮かべますか。
クッキーやチョコレート、キャンディ、ケーキなど甘いものを想像する人も多いと思います。

みつはしあやこさん「食育」クッキー
出典:http://www.photo-ac.com/

ですが、「毎日食べたい!私の好きなグラノーラ」の著者、みつはしあやこさんの考える“おやつ”は違います。

ケーキとか甘いものだけが“おやつ”ではなくて、おにぎりとか蒸したほくほくのサツマイモやジャガイモも“おやつ”。ハードルを低く設定しておけば、子供たちは何でも喜んでくれるの

我が家でも、今の時期はチンしたサツマイモをポンっと出すこともあり、ウンウン!と思わず共感してしまいます。

みつはしあやこさん「食育」お芋
出典:http://www.photo-ac.com/

子供の、そして自分の健康のために、食事には気を使っているけれど、ついつい“おやつ”は市販のものを買ってしまいがち。ですが、“おやつ”は夕食までの小腹を満たすものであって、お菓子である必要はない。

それがみつはしあやこさんの考える「食育」なんです。

みつはしあやこさんみつはしあやこ|料理家

おやつアドバイザー・ナチュラルフードなどの資格を持ち、子どものすこやかな成長の糧となる『こころのごはん』を提案。

著書『毎日食べたい!私の好きなグラノーラ』
親子サロン『KOKORO』主宰。
レシピやスタイリング提供。

頑張りすぎない手作り“おやつ”提案

市販の“おやつ”は美味しいけれど、甘かったり、塩辛かったり、味が濃く感じることも。
「子供たちに栄養あるものを手軽に。自分も頑張りすぎず、楽しく美味しく食べさせてあげたい」という母心から、手作り“おやつ”を作るようになったというみつはしあやこさん。

あやこさんの考える“おやつ”は、ママが頑張りすぎないようハードルを低く設定していると言っていますが、いつ見ても美味しそうで食べてみたくなる“おやつ”ばかり。

麩のフレンチトーストとコンポート。
パンを常備していない代わりにお麩が大活躍。こちらは“車麩”よりすこし小さな“ちくわ麩”を使っています。

こちらは、あやこさんの娘さんお二人が習い事に行く際に持たせてあげた“おやつ弁当”。味噌カボチャのごま団子、卵牛乳なしのモチモチな生地に挟んであるのは、栗きんとんとさつまいも餡。

「仲良く2人で半分こずつ」そんな思いの詰まったお弁当は、見てるこちらまで心が温かくなります。なにより、“おやつを作るのが幸せ”というあやこさんの気持ちが、この“おやつ弁当”からも伝わってきます。

グラノーラだって簡単手作り!

cid_261ea798-9796-42b9-bab5-4b34e6350418
「JOY!」とオシャレなパッケージに包まれているのは、みつはしあやこさんが作ったグラノーラ。

“おやつ”を手作りするようになっていく中で、グラノーラもよく作っていたそうです。

そこから、グラノーラのケータリングがはじまり、作り方を教えて欲しいとの声でレッスンも行うようになって、本の出版へ。今では、「毎日食べたい!私の好きなグラノーラ」で、誰もがあやこさんのレシピを見て作れるようになりました。
ちなみに、あやこさんのオススメレシピは、栗の粉末を使った栗のグラノーラ。

グラノーラの本を出版することになり、グラノーラのレッスンを楽しみにしてきてくれる方が多いそう。あやこさんも、「簡単で美味しくて、ママががんばりすぎないでもオシャレに見える“おやつ”作り」ということで精を出しているようですが、実はあやこさんの目指す所はそこだけではないのです。

基本はやはり「和食」そして「食育」

「“和食” “汁飯香” これがあればうちの食事だ。と思っていれば、おかずがひとつ増えるたびに子供たちが喜んでくれるの。それに、手作り味噌で作るぬか漬けは、子供たちと一緒に作ることで子供たちも喜んでくれるんです」
頑張りすぎず、“作ること”と“食べること”を子供たちと一緒に楽しむ、みつはしあやこさん。

最近では、週末などに常備菜を作り置きしてる方もたくさんいて、雑誌やInstagramなどでも多く見かけます。
自分が元気なときは「これ参考にしよう!」と思えるのですが、少し疲れてるときなどは「あ、自分ちゃんとご飯作り出来てない…」と負い目に感じてしまうこともしばしば。

ですが、あやこさんの言葉を聞くと、「頑張り過ぎないでいいんだ」とホッと胸を撫で下ろし、肩の力が抜けて行くのを感じます。

次の注目素材は発酵食品!

毎年、ひとつ資格を取得しているあやこさん。
昨年は発酵食スペシャリストの資格を取得。発酵食品は免疫力アップ、基礎体温アップと、身体に良いこと尽くし。今後は、お味噌を活用したレシピがたくさん見られそう。

ママの影響を受けたのか、みつはしあやこさんの小学3年性の娘さんの口癖は、「味噌汁3杯、がん予防!」「汗掻いたら、味噌汁で塩分補給。1日3杯ガン予防!」。
8歳にしてはちょっと渋い口癖ですが、1日3杯のお味噌汁はガン予防になるって知っていましたか。

私もこれを聞いてから、毎日お味噌汁を作るようになりました。お出汁は簡単な昆布で取り、昆布も刻んで一緒に食べています。ミネラルと酵素、お野菜でビタミン、豆腐でたんぱく質と一品で栄養抜群!
この冬は免疫力を上げて過ごしましょう。

ページ:
1 2
PERLU Facebook page
この記事が気に入ったら「いいね!」をして
最新情報をGETしよう!
この記事を書いたライター
haruka

haruka

フェイシャルリンパケアセラピスト。
美容が趣味で、子供がいても出来るホームケアが楽しみ。
現在は4人の子供のママ。

投稿者の過去記事
おすすめのキーワード

Related Article

  1. メイクの「今」が丸わかり

    資生堂PLAY LIST全品が試せるメイクイベント(無料)が表参道にて限定開催!

  2. ざっくばらんに本音で女子トーク

    母親として、女性として。挑戦し続ける「梅宮アンナ」さんの“今”に迫る

  3. 人生が変わるアイロンスタイリング

    モテ髪師 大悟 さんのモテ髪テクニックが学べるムック本が遂に全国発売!

  4. メイクグッズを活かす美の必需品

    この熊野筆でメイクは変わる!竹田ブラシが贈る2016年クリスマス限定セット

  5. プロの料理人が認めた味

    ローズソルト使ってる?美容効果も抜群と言われる天然塩の5つの効能とは

Feature

  1. 遂に刻印サービスも!

    これで叶う!ランコムの人気 “生クッションファンデ” でテカリ知らずのツヤ生肌に

  2. 7日間限定で開催!

    東京に極上「神戸牛」ステーキが2900円で上陸!バレンタインに誘いたい “究極の肉の日” イベント

  3. 忙しくても魅力的な女性に

    美肌菌を育てるデパスカルザスパのスキンケア!オイル&ミストで叶う時短美容とは

  4. あのネイキッドが再び!

    FLOWERS by NAKED が日本橋で日本一早い花見を開催!この~立春~は見逃せない!

  5. 今しか味わえない特別なかき氷

    まるでパフェ!バレンタイン迄に食べたいアイスモンスターの期間限定かき氷3種類

PICK UP

New Article