見様見真似はもう卒業

マナーや服装…自信ある?立食パーティーで恥をかく前に知っておくべき3つのポイント

最近は日本でも、立食パーティーに出席する機会が増えてきました。
結婚式も立食ビュッフェスタイルだったり、知人のレセプションパーティーや企業のパーティーなどにお呼ばれされたり、積極的にパーティーに参加することも少なくないと思います。

立食パーティーグラス
出典:http://www.photo-ac.com/

ですが、パーティーマナーって誰に教えてもらうでもなく、見様見真似でやっていることってありませんか?
正しいと思ってやっていたことが実は間違いだった……なんてこともあるかもしれません。

立食パーティーのマナーを今一度確認して、自信を持ってパーティーに参加できるようにしませんか?

ポイント① 「身だしなみ」

立食パーティー岡部さん

手荷物は最小限に

立食パーティーはほとんどがビュッフェスタイルなので、お皿やグラスを持ちながら会話を楽しみます。そのため、大きな手荷物があると自分自身も邪魔になってしまいますし、周りの迷惑になることもあります。

そんなときは、クラッチバッグや小さめのハンドバッグに貴重品や口紅、ハンカチといった最小限の化粧品を入れて持ち歩くと、とってもスマートに。上着や大きな手荷物は、パーティーがはじまる前に会場付近のクロークへ預けましょう。
万が一クロークがない場合は、会場内のどこかに荷物置きの台があると思いますので、そこに置くようにしましょう。

ドレスは動きやすさを重視!

立食パーティードレス
出典:http://www.photo-ac.com/

立食パーティーでは長時間立ったままでいるので、動きやすいドレス、履き慣れたヒールで行くことをおすすめします。
ビュッフェスタイルの場合、料理の取り分けが大変になるので、袖が広がっているドレスも避けた方がいいでしょう。

ポイント② 「お皿とグラスの取り扱い」

立食パーティービュッフェ

ビュッフェスタイルも、基本はコース料理と同じ順番に食べるのが理想的です。
前菜→スープ→冷たいお料理→魚料理→肉料理→デザート→コーヒー等。

お皿とグラスは片手に持つ

立食パーティー持ち方
出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp/

お皿とグラスは左手に、フォークを右手に持って食べます。

ひとつのお皿に好きなものを山盛り乗せたい!と思うところですが、一皿3品程度に抑えておく方が気品が出ます。
料理を乗せる際に1/4程度空きスペースをつくっておくと、手が添えやすくお皿の持ち運びが楽になります。

お皿の正しい使い方

温かい料理と冷たいお料理は別のお皿に取るのがベストですが、1度に何枚ものお皿を使用するのはやめましょう。
尚、1度使ったお皿は再度使わず、改めて料理を取る際には新しいお皿を使います。
使ったお皿や飲み終わったグラスはサイドテーブルに置いておくと片付けてもらえますよ。

また、グラスで冷たい飲み物を飲む際、水滴がドレスやテーブル、会場の床に落ちてしまいますので、底に紙ナプキンを添えて持ち歩きましょう。

ポイント③ 「交流」

立食パーティー乾杯
出典:http://www.photo-ac.com/

会話のきっかけは〇〇!

立食パーティーはお料理やお酒を楽しみながら会話に花を咲かせるもので、お仕事の場でしたら様々な人脈を広げる絶好のチャンスでもあったりもします。
積極的にいろんな方と交流を深めて楽しいパーティーになることが1番の目的なので、なるべく「壁の花」にならないように心がけましょう。

反対に、ひとりの方がいたらこちらから話しかける気配りができると良いですね。
はじめましての方との話題に悩んでしまう場合は「主催者との関係」を聞いて、そこから話を広げるのが無難でしょう。

壁際の椅子は緊急事態用

会場によっては壁に椅子が設けられている場合がありますが、「具合の悪い人」「身体の弱い人」用の腰掛けなりますので、なるべく使用しないようにしましょう。
また、お酒が進みすぎて、司会の方やステージでお話しされる方の妨げにならないようにするのも大切です。

まとめ

いかがでしたか?
細かなマナーがありますが、気にしすぎてパーティーが億劫になってしまうのは寂しいので、気に留めるくらいで問題ありません。

これから年末に向けて、パーティーに出席する機会が増える可能性もあると思います。
最低限のマナーを押さえて、非日常の空間を思いっきり楽しみましょう♪

TOP画出典:http://offmetro.com/

PERLU Facebook page
この記事が気に入ったら「いいね!」をして
最新情報をGETしよう!
この記事を書いたライター
岡部 亜希美

岡部 亜希美

子連れOKの隠れ家エステサロン「LOTUS」オーナー。育児をしながらママモデル、ライターとしても活動しています。

投稿者の過去記事
おすすめのキーワード

Related Article

  1. 品川エリア最大級の食空間が誕生!

    見よ!このNYスタイルのダイナミックな食と空間!SHINAGAWA DINING TERRACEが品川GOOS内にOPEN

  2. 平均世帯年収の差は140万円!?

    常に「ダンナケア」する「プロ妻」 31.3%が夫を出世させている?ポイントは“ニオイケア”にあった

  3. ざっくばらんに本音で女子トーク

    母親として、女性として。挑戦し続ける「梅宮アンナ」さんの“今”に迫る

  4. 「リア挑、してる?」

    ビジネスパーソン3人に1人が“成長マンネリ”を実感!挑戦・成長に必要なものとは?

  5. とっておきのクリスマスディナー「恵比寿編」

    恵比寿の39階から広がる夜景を眺めて贅沢ディナーが楽しめるイタリアンレストラン「ViVi la verde」

Feature

  1. 都市の持つ魅力をアートとして表現

    今回のテーマは“TOKYO”だ!ネイキッドの体験型イベント「TOKYO ART CITY by NAKED」が6月から開催

  2. 銀座エリア最大の商業施設

    GINZA SIX(銀座シックス)注目の店舗と、全11フロア 241ブランドを一挙紹介!

  3. ふんわり春の魔法をかける

    ゲランのメテオリット30周年記念パーティ “GUERLAIN Spring Color Party Pref!” レポート

  4. Q-pot CAFE.期間限定MENU

    フォトジェニックなメニューばかり!キューポットカフェ 表参道のイースターメニューが可愛すぎる♡

  5. 運命の一本に出会える

    河北裕介が“運命のリップ”を提案!LANCÔMEラプソリュ ルージュ新色発売記念イベントを表参道で開催

PICK UP

New Article

FOLLOW