ママががんばりすぎないように

おやつからはじめる食育とは?グラノーラも手作りしちゃう「みつはしあやこ」さんの目指すところ

いま1/2ページ目を読んでいます

“おやつ”と聞いて、何を思い浮かべますか。
クッキーやチョコレート、キャンディ、ケーキなど甘いものを想像する人も多いと思います。

みつはしあやこさん「食育」クッキー
出典:http://www.photo-ac.com/

ですが、「毎日食べたい!私の好きなグラノーラ」の著者、みつはしあやこさんの考える“おやつ”は違います。

ケーキとか甘いものだけが“おやつ”ではなくて、おにぎりとか蒸したほくほくのサツマイモやジャガイモも“おやつ”。ハードルを低く設定しておけば、子供たちは何でも喜んでくれるの

我が家でも、今の時期はチンしたサツマイモをポンっと出すこともあり、ウンウン!と思わず共感してしまいます。

みつはしあやこさん「食育」お芋
出典:http://www.photo-ac.com/

子供の、そして自分の健康のために、食事には気を使っているけれど、ついつい“おやつ”は市販のものを買ってしまいがち。ですが、“おやつ”は夕食までの小腹を満たすものであって、お菓子である必要はない。

それがみつはしあやこさんの考える「食育」なんです。

みつはしあやこさんみつはしあやこ|料理家

おやつアドバイザー・ナチュラルフードなどの資格を持ち、子どものすこやかな成長の糧となる『こころのごはん』を提案。

著書『毎日食べたい!私の好きなグラノーラ』
親子サロン『KOKORO』主宰。
レシピやスタイリング提供。

頑張りすぎない手作り“おやつ”提案

市販の“おやつ”は美味しいけれど、甘かったり、塩辛かったり、味が濃く感じることも。
「子供たちに栄養あるものを手軽に。自分も頑張りすぎず、楽しく美味しく食べさせてあげたい」という母心から、手作り“おやつ”を作るようになったというみつはしあやこさん。

あやこさんの考える“おやつ”は、ママが頑張りすぎないようハードルを低く設定していると言っていますが、いつ見ても美味しそうで食べてみたくなる“おやつ”ばかり。

麩のフレンチトーストとコンポート。
パンを常備していない代わりにお麩が大活躍。こちらは“車麩”よりすこし小さな“ちくわ麩”を使っています。

こちらは、あやこさんの娘さんお二人が習い事に行く際に持たせてあげた“おやつ弁当”。味噌カボチャのごま団子、卵牛乳なしのモチモチな生地に挟んであるのは、栗きんとんとさつまいも餡。

「仲良く2人で半分こずつ」そんな思いの詰まったお弁当は、見てるこちらまで心が温かくなります。なにより、“おやつを作るのが幸せ”というあやこさんの気持ちが、この“おやつ弁当”からも伝わってきます。

グラノーラだって簡単手作り!

cid_261ea798-9796-42b9-bab5-4b34e6350418
「JOY!」とオシャレなパッケージに包まれているのは、みつはしあやこさんが作ったグラノーラ。

“おやつ”を手作りするようになっていく中で、グラノーラもよく作っていたそうです。

そこから、グラノーラのケータリングがはじまり、作り方を教えて欲しいとの声でレッスンも行うようになって、本の出版へ。今では、「毎日食べたい!私の好きなグラノーラ」で、誰もがあやこさんのレシピを見て作れるようになりました。
ちなみに、あやこさんのオススメレシピは、栗の粉末を使った栗のグラノーラ。

グラノーラの本を出版することになり、グラノーラのレッスンを楽しみにしてきてくれる方が多いそう。あやこさんも、「簡単で美味しくて、ママががんばりすぎないでもオシャレに見える“おやつ”作り」ということで精を出しているようですが、実はあやこさんの目指す所はそこだけではないのです。

基本はやはり「和食」そして「食育」

「“和食” “汁飯香” これがあればうちの食事だ。と思っていれば、おかずがひとつ増えるたびに子供たちが喜んでくれるの。それに、手作り味噌で作るぬか漬けは、子供たちと一緒に作ることで子供たちも喜んでくれるんです」
頑張りすぎず、“作ること”と“食べること”を子供たちと一緒に楽しむ、みつはしあやこさん。

最近では、週末などに常備菜を作り置きしてる方もたくさんいて、雑誌やInstagramなどでも多く見かけます。
自分が元気なときは「これ参考にしよう!」と思えるのですが、少し疲れてるときなどは「あ、自分ちゃんとご飯作り出来てない…」と負い目に感じてしまうこともしばしば。

ですが、あやこさんの言葉を聞くと、「頑張り過ぎないでいいんだ」とホッと胸を撫で下ろし、肩の力が抜けて行くのを感じます。

次の注目素材は発酵食品!

毎年、ひとつ資格を取得しているあやこさん。
昨年は発酵食スペシャリストの資格を取得。発酵食品は免疫力アップ、基礎体温アップと、身体に良いこと尽くし。今後は、お味噌を活用したレシピがたくさん見られそう。

ママの影響を受けたのか、みつはしあやこさんの小学3年性の娘さんの口癖は、「味噌汁3杯、がん予防!」「汗掻いたら、味噌汁で塩分補給。1日3杯ガン予防!」。
8歳にしてはちょっと渋い口癖ですが、1日3杯のお味噌汁はガン予防になるって知っていましたか。

私もこれを聞いてから、毎日お味噌汁を作るようになりました。お出汁は簡単な昆布で取り、昆布も刻んで一緒に食べています。ミネラルと酵素、お野菜でビタミン、豆腐でたんぱく質と一品で栄養抜群!
この冬は免疫力を上げて過ごしましょう。

ページ:
1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PERLU Facebook page
この記事が気に入ったら「いいね!」をして
最新情報をGETしよう!
この記事を書いたライター
haruka

haruka

フェイシャルリンパケアセラピスト。
美容が趣味で、子供がいても出来るホームケアが楽しみ。
現在は4人の子供のママ。

プロフィール詳細・投稿一覧
おすすめのキーワード

Related Article

  1. もうアプリ加工は必要なし!

    テカリも乾燥も寄せ付けない!オンリーミネラルの「グロウフェイスパウダー」でシルクマット肌へ♪

  2. マリエン薬局なら自然療法で安心

    PMS(生理前症候群)は専用アロマオイルで対策!腹痛・頭痛、イライラなどの不快な症状に効果あり

  3. 死海のミネラル成分配合の石鹸

    アンチエイジングにも効果を発揮する石鹸!ONE WITH NATUREで美肌を目指そう

  4. 黒ずみもくすみもコレさえあれば安心

    肌トラブルのレスキュー洗顔料!神崎恵さんもオススメする「suisai」の驚くべき美白効果

  5. ラグジュアリーな限定コスメBOX

    35年の歴史がつまったファンケルの“ローズコフレ”で大人美をつくる

Feature

  1. 天然のプラネタリウムは必見!

    頑張った自分にご褒美旅を!淡路島GRAND CHARIOT 北斗七星135°で体験する究極の癒し

  2. ベトつかず、香りにもうっとり

    美容ライター達も絶賛!翌朝”もっちりふっくら”♡保湿マストだからこそ使いたい「A’kin」のナイトクリーム

  3. 安心No.1"ビーガンコスメ"

    ハリ、弾力が気になる方に!最強の美容オイル「A’kinブースターオイル」で、即効うるハリ肌へ♡

  4. ノーファンデの日が増えた♡

    “オーガニック&ビーガンコスメ”の素晴らしさを体感♪オーストラリア生まれの「A’kin」で潤いすっぴん肌へ!

  5. 本気で感動した逸品!

    「C&K グルコマンナン加工食品」のダイエット効果を試してみた!リピ買い決定の、その実力に驚き♡

PICK UP

WEEKLY RANKING

INTERVIEW

interview

バストは健康のバロメーター!おっぱい番長「朝井麗華」さんインタビュー ~前編~

interview

“姿勢と美しさの方程式” ミスユニバース日本代表を2年連続輩出した今村大祐インタビュー!

interview

モテたい!愛されたい!女性に送る?美人ニューハーフ春本舞華のラブテクニックとは

interview

モデル歴40年!優ママこと山田美加子さんによる“本当に美しい立ち振る舞い” SPECIAL レッスン!

interview

モテる!そして人生が変わる!今、日本一予約困難なモテ髪師「義永大悟」インタビュー

interview

20歳という若さでBARを開業したレジェンドバーテンダー坪井吉文インタビュー

interview

母親として、女性として。挑戦し続ける「梅宮アンナ」さんの“今”に迫る

interview

カレーファンも絶賛するほど人気の般°若(パンニャ)に行ったら食べるべきカレー3選

interview

本当に53歳なのか確かめてきた!美肌研究家・日本おリボン党党首「白川みき」さんロングインタビュー

New Article

FOLLOW


PAGE TOP

CATEGORY
beauty-cat fashion-cat
gourmet-cat lifestyle-cat
column-cat writer-cat

FOLLOW US