この辛さは病み付きになる!

南インド現地の本格カレーがリーズナブルに堪能できるお店が銀座に!~ビブグルマン東京2017~

コスパ最強グルメ「ビブグルマン」より今回ご紹介するのは、東京・銀座の歌舞伎座裏手にある南インド料理のお店「Dharmasagara(ダルマサーガラ)

ビブグルマンとは…
ミシュランガイド2014年より導入された新しい評価指標。5,000円以下で楽しめるコスパ最強グルメの数々が取り上げられている。「PERLU(プルル)」では、ビブグルマンの中でも特におすすめのお店をご紹介していきます。

あえて日本人の味覚に合わせずに、南インドの現地そのままの料理を提供しているこちらのお店。シェフはみなさん南インド出身なのだそう。

今回はランチタイムにお邪魔してきました。

絶妙に配合されたスパイス!深みのある辛さは病み付きになる!



お店に入った瞬間にスパイスの香りが広がり、心地いいインド音楽が流れています。

豪華ながらも品があり落ち着くインテリアは、オーナー自らがインドやネパールでデザインして作ったというオーダーメイド。

この日私が注文したメニューは、「平日ランチミールス(1,200円 税別)」

  • カレー2種
  • ラッサム(スープ)
  • ポリヤルなど(野菜の副菜)
  • サラダ(ヨーグルトに変更可)
  • ジャスミンライス
  • プーリー(揚げパン)
  • パパド(揚げせんべい)
  • アチャール(ピクルス)
  • チャトニー(ハーブの薬味)
  • お店で提供されているお肉は全て「ハラールミート」です。
    ※ハラールミートとはイスラム教の教義によって処理された、イスラム教徒が食べることのできるお肉のこと

    まずはサラダから。

    一見サウザンドドレッシングかと思いきや、スパイシーで後から辛みがやってくるドレッシング。辛みが後からくるだけではなくナッツの香りが香ばしく感じられます。

    次にラッサム(スープ)

    最初にたくさんのスパイスの風味を感じ、さらさらとした飲みやすいスープは酸味もあり、こちらも後からゆっくりとじわじわ辛さがやってきます。ただ単に辛い!というものでは全くなく、スパイスが絶妙に配合されている深みのある辛さです。

    野菜の副菜は甘めで豆の味をしっかりと感じ、野菜もたくさん入っていました。

    繊細な味を好む日本人にも合う南インドのカレー

    メインのカレーでは「本日のカレー」を選択しました。
    「チキンとココナッツ」「トマトとじゃがいも」の2種類です。

    チキンはずっしりと重みがあり、女性だと大口を開けて一口でいけるかな、といった感じの存在感あるお肉です。その大きさがありながらも噛むとほろほろとほぐれていく柔らかさ。絡まったココナッツの甘さが口いっぱいに広がっていきます。

    皮つきのじゃがいももゴロっと大き目ですが、口に入れるとほくほくでとても柔らかいです。皮の香ばしさもとてもアクセントになっています。

    そして薬味の味がしっかりと感じられるチャトニー(ハーブの薬味)は、酸っぱさのあとに辛さがやってきます。

    薬味の青みのある味が強いのですが、口の中をサッパリとしてくれ、カレーに入れてももちろん、野菜の副菜に入れてみてもなぜか主張しすぎない、シャキッとした歯触りです。ピクルスは見た目とは少しギャップがあり、本当にピクルスそのものの味がしました。

    こちらはプーリー(揚げパン)。焼き立て熱々でふわっふわ。冷めてもふわふわ感は持続、カレーと一緒に食べてみても麦の味が鼻から抜けます。

    ジャスミンライスは細長いお米でやや柔らかめに炊いており、芳醇な香りでさっぱりとしているのでカレーやスープと一緒に食べると辛さを中和してくれます。

    パパド(揚げせんべい)はパリッパリで、塩味を感じる揚げせんべいです。

    スナック感覚でどんどん食べられるパパドはナンやプーリーのように何かにつけて食べるものではなく、このままで楽しむお料理だそうで、少し離れた席の方が食べている音すら聞こえてくるほどのパリパリ感でした。

    南インド現地の本格的な味をここまで堪能できて1200円とは高コスパ!

    コスパ最強グルメ堪能後記

    日本人好みにアレンジしていないこれら南インド料理の味は、本当に不思議ととても日本人が好む味そのものだということがとてもよくわかりました。いわゆる日本のカレーともまた全然違うのですが、複雑かつ絶妙に調合されたスパイスは繊細な味を好む日本人に合うのかもしれません。

    平日のランチタイムにお邪魔したのですが、サラリーマンらしき男性客がやや多めでした。しかし、落ち着く空間なので女性1人で訪れている方々もいらっしゃいました。

    油が少なく野菜を中心にした大変ヘルシーな料理の数々。お肉や魚介のメニューの他にもベジタリアンメニューも豊富なので、ディナータイムでもまた気になるメニューを楽しみに訪れてみたいと思います。

    Dharmasagara(ダルマサーガラ)
    ジャンル
    南インド料理
    住所
    東京都中央区銀座4-14-6 ギンザエイトビル2F
    営業時間
    ■月~金
    11:30~14:30(L.O.14:00)
    18:00~23:00(L.O.22:00)
    ■土・日・祝
    12:00~15:00(L.O.14:30)
    17:30~22:00(L.O.21:00)
    休日
    年末年始を除き無休
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    PERLU Facebook page
    この記事が気に入ったら「いいね!」をして
    最新情報をGETしよう!
    この記事を書いたライター
    三橋 静

    三橋 静

    心療内科や精神科で心理カウンセラー・心理検査士として勤務後、好きな香りから心理状態がわかるスピリットアロマを利用した新しい心理カウンセリングを行っている。

    プロフィール詳細・投稿一覧

    Related Article

    1. とっておきのクリスマスディナー「恵比寿編」

      恵比寿の39階から広がる夜景を眺めて贅沢ディナーが楽しめるイタリアンレストラン「ViVi la verde」

    2. 美味しいのに低カロリー?

      ローストビーフ丼のために行列ができる話題の人気店!Red Rockを並ばずに食べる美味しいコツ

    3. 福岡に行ったら立ち寄りたい!

      博多駅から徒歩5分!ホテル「WITH THE STYLE 福岡」に潜むリゾート感満載のお洒落なレストラン

    4. 大好評のイベントが今年も開催!

      「抹茶ビアガーデン」の季節が来た!SNSで話題の“抹茶ビール”含むビール10種が飲み放題に!

    5. 天然たいやきの元祖といえばここ!

      たい焼き求める列のピークは1時間!それでも絶対また食べたくなる麻布十番の老舗たい焼き店とは

    Feature

    1. GWのウェア選びに困らない! ニューバランス「5way コレクション」

    2. 天然のプラネタリウムは必見!

      頑張った自分にご褒美旅を!淡路島GRAND CHARIOT 北斗七星135°で体験する究極の癒し

    3. ベトつかず、香りにもうっとり

      美容ライター達も絶賛!翌朝”もっちりふっくら”♡保湿マストだからこそ使いたい「A’kin」のナイトクリーム

    4. 安心No.1"ビーガンコスメ"

      ハリ、弾力が気になる方に!最強の美容オイル「A’kinブースターオイル」で、即効うるハリ肌へ♡

    5. ノーファンデの日が増えた♡

      “オーガニック&ビーガンコスメ”の素晴らしさを体感♪オーストラリア生まれの「A’kin」で潤いすっぴん肌へ!

    PICK UP

    WEEKLY RANKING

    INTERVIEW

    interview

    バストは健康のバロメーター!おっぱい番長「朝井麗華」さんインタビュー ~前編~

    interview

    “姿勢と美しさの方程式” ミスユニバース日本代表を2年連続輩出した今村大祐インタビュー!

    interview

    モテたい!愛されたい!女性に送る?美人ニューハーフ春本舞華のラブテクニックとは

    interview

    モデル歴40年!優ママこと山田美加子さんによる“本当に美しい立ち振る舞い” SPECIAL レッスン!

    interview

    モテる!そして人生が変わる!今、日本一予約困難なモテ髪師「義永大悟」インタビュー

    interview

    20歳という若さでBARを開業したレジェンドバーテンダー坪井吉文インタビュー

    interview

    母親として、女性として。挑戦し続ける「梅宮アンナ」さんの“今”に迫る

    interview

    カレーファンも絶賛するほど人気の般°若(パンニャ)に行ったら食べるべきカレー3選

    interview

    本当に53歳なのか確かめてきた!美肌研究家・日本おリボン党党首「白川みき」さんロングインタビュー

    New Article

    FOLLOW


    PAGE TOP

    CATEGORY
    beauty-cat fashion-cat
    gourmet-cat lifestyle-cat
    column-cat writer-cat

    FOLLOW US